スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士になるには

行政書士として開業するんだって人も、なんとなく行政書士の資格とってみようかなぁと思った人も、スタートはまず「資格をとる」ことになります。
1)行政書士試験に合格した者
2)弁護士、弁理士、公認会計士、税理士となる、いづれかの資格を有する者
3)行政事務に相当する事務を担当した期間が通算して20年以上

2~3に該当する人には自動的に資格が付与されます。
ほとんどの人が1ですね。
受験資格には 国籍、学歴、年齢も不問という門戸の広い資格試験です。

で、資格を得て、実際に行政書士で仕事をするとなると、日本行政書士会連合会にて行政書士の登録して初めて業務ができるようになります。

このブログでは、行政書士試験に合格する、までのお話。



プロフィール

よつば

Author:よつば
一応理系のIT系システムエンジニア。完全な門外漢が、独学で行政書士試験にtry.無事一発合格。

当初は試験勉強の内容など漠然としていて様々な体験記を読み漁りました。このサイトの情報がお役に立てば幸いです。

メニュー
books
LECの書籍が最大10%OFF!



注意事項
行政書士試験、当該年度の情報は、必ず財団法人行政書士試験研究センターにて確認ください。
 
使用した教材本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。