スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験勉強中の落とし穴

行政書士試験を受けることをきめたら、試験日本番に合わせてスケジュールを組んでいくと思います。

必要な総勉強量がだいたいこれくらいで、試験までnヶ月があるから、一日y時間の勉強、という時間ベースで予定を立てる人、
期間や時間割のように勉強する内容を決めて、予定を立てる人、
x時期までにひととおりインプット終了させて、夏ごろからアウトプットに移行するといったざっくり計画の人。

実際には複合して、予定を立てるのかな?
でもね。当たり前といっていいほど、予定通りにいかないもの。

私事での予定外は誰にでも起こりえます。
この場合、病気や親族の介護といった不幸にも重大なケースが多いです。
ただし、比較的発生確率は低いです。


働いている人には仕事の予定外が高確率で発生するので要注意。

内容自体は軽症です。が、こまごまでてくるプチアクシデントは折込済みくらいの心構えがないと、勉強サイクルが崩れてしまうかもしれません。

かく言う私も、4月から勉強を開始したのですが、1月からの予定でした。
年明けから待ったなしで仕事が忙しくなり、電車の中でも仕事をして、夢の中でもコーディンやデバック、と、まさに寝ても覚めても仕事状態。

そこまでの忙しさではなかったですが、秋ごろにも普段より忙しくなった時期があり、なかなか思うようにはいかないものです。
これを言い訳にしないように計画してほしいですが、自分は、年明けの忙しさが、秋だったら、完全OUTでした。

まぁ、こうしたアクシデントは、
運が悪かったとかで、あきらめもつきますが、本当に怖いのは--。



8月。不可解な事態がおきました。なんの前触れもなく、突如のように思われました。
テキストの文字を読もうとしても、全然頭に入ってこない。なんか眼球動かしただけ、みたいな。
問題解くのも苦痛。

これはいったいなんなんだ。




まさかのスランプ!?

適当な勉強している私ですらなるのだから、毎日数時間、一生懸命勉強している人だとどれほど大変かと思います。
どうしよう!と思うかもしれませんが、けっこうみんな経験するようです。自分はそれを知ってちょっと安心したので書きました。

スランプ状態は当時はたしかに「突如」だと思いましたが、今思えば、原因はありました。

過去問題の正答率は悪いし、「あー、そうだった!」という間違えではなくて、「さっぱり分からない」という間違いが多く、問題解くスピードも本番の制限時間の目安に納まらないし、これまで漠然としていた試験の実態と、今の自分のレベルでは太刀打ちできない事実を初めて目の前にして、へこまされていたのだと思います。


スランプの間勉強を休むのも人によっては有効手段かもしれません。

自分の場合は、一度止まると次動き出す労力が大きいことと、定着してない知識は休んでる間にどんどん揮発すること、
今のスランプ状態がいつまで続くか分からないこと、を考えて、休憩は考えませんでした。そもそも休日にさんざん気分転換してるし。

でもでもこんな状態で勉強しても頭に入らない!
困惑してるなか、「白熱講義」なら続けられる!!ということに気づきました。

聴講って超受動的なんですね。完全受動的に聞いてたら勉強にならないのですが、能動的になれないこの時、本当に助かりました。本を読むときには、自分で意識してメリハリをつけないといけないのですが、さすがベテラン講師、抑揚のついた話し方で聴かせてくれる。
それまでは、まぁ無料だし(※23年時。24年より有料になってます。)歩きながらだから勉強時間を別途割くわけじゃないし、「聞いとくか」くらいの気持ちだったのが、地獄に仏をみるようでした(大げさ;)。

このスランプ自体は、結局数日で落ち着きました。


スケジュールは予定外を吸収できるゆとりを持って、頑張ってください。

プロフィール

よつば

Author:よつば
一応理系のIT系システムエンジニア。完全な門外漢が、独学で行政書士試験にtry.無事一発合格。

当初は試験勉強の内容など漠然としていて様々な体験記を読み漁りました。このサイトの情報がお役に立てば幸いです。

メニュー
books
LECの書籍が最大10%OFF!



注意事項
行政書士試験、当該年度の情報は、必ず財団法人行政書士試験研究センターにて確認ください。
 
使用した教材本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。