スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験日当日から合格発表

試験日のレポートを書いてみます。

■試験前日夜
塩分や水分の取りすぎに心持ち注意。試験時間が3時間と長いので念のため。
筆記用具と受験票を確認、使用テキストなど持ち物を鞄に入れて、ちゃっちゃと寝ました。
夜型の人は、試験日までに、生活リズム調整期間も計画しておきましょう。
■試験日
受験会場は大阪:関西大学でした。
12時半には着席って書いてあったので、11時半くらいにつくように出立。
付近の乗換駅には受験生と思しき人ばかり!
電車内で隣になった、妙齢の女性が、一般教養対策の本をガッツリ読んでて超びびる。
一般教養ってテキストに載ってた程度で特別何もやってないので、え、そこまでせなあかんの!?
(≡д≡)やべぇ。

最寄り駅。ものっすごい人でごったがえしてました。
直前予想問題などパンフ配ってる予備校関係者がずら~っと道の両脇にいっぱい。

しかし校門くぐってから遠い。自転車欲しいくらい遠い。
敷地内には既にベンチで勉強してる人人人。この日は小春日和で、11月にしてはあったかかったので恵まれてたと思います。雨だったらこの人たちどうするつもりだったんだろう。早めに来たと思ったけど、私むしろ出遅れてる?

試験会場到着。建物めっちゃきれい。教室きれい。
基本情報の試験とか受けてた建物なんて、机ボコボコ椅子と机が合ってないし暗いしと酷かったのに、何この学部間格差。
教室には時計なかったです。

とりあえずご飯。試験教室では食事禁止(匂いとか対策?)だったので、ふらふらーっとベンチを探す。

お弁当は試験用メニューです。っていっても、ただのおにぎりとバナナ。
すぐにエネルギーになるバナナは試験前半のエネルギー、腹持ちのいいお米は試験後半のエネルギー。
あまりお腹いっぱい食べても眠くなるので、バナナ半分。普段なら余裕で食べられたのに、もしかしたら緊張してたのかもしれません。
脳に糖分--試験のお供にチョコレート。すっかり定番ですね。

トイレもすませて席に着く。教室の後ろの人が、試験委員3人くらいに取り囲まれてました。
ボックス型の時計(多分目覚まし時計?)を出してた人なので、もしかしてそれなのかな?許可がおりたかどうかは分からないです。
教室の外も中も最後の追い込みをしている人で、すんごい緊張感でした。
あまり時間もないし、勉強より、この張り詰めた空気に完全に負けてる状況を打破するのが重要!と、ぼーっとしてました。
ただの逃避です;殺気みなぎってて本当に怖かったのだから。

試験の諸注意が始まる。
ひざ掛け駄目、コートなど衣類でのひざ掛けも駄目、マスクのこととか、机上においていいもの、電子機器の電源OFFと封、などなど細かい!
説明中に筆箱置きっぱなしの人が、片付け終わるまで数名の試験監督に取り囲まれてました。多分あの事件以来、カンニング対策でどこでも厳しいんだろうなぁ。
あと、試験中の災害発生時の対応説明。

試験監督の時計を標準に時計あわせをして、時間どおり試験開始。
試験で秒単位で時計あわせしてくれたのって、初めてだわ!
イベント裏方はよくやるんですけど、あまりメジャーじゃないのか、目視で確認するのがほとんどで、合わせようとしてる人ほとんどおらん;
ここまでの試験諸注意は、会場によって、バラバラのようです。


試験開始と同時に落丁の有無を確認して、解答開始!

自分は頭からではなくて、以下の順で解くことを決めてました。
1)多肢選択
2)一般知識
3)記述 (下書き)
4)法令択一
5)記述 (解答用紙に本書き)

1)2)はウォーミングアップ的な狙いと、時間切れで焦らなければ確実にとれる問題が多いので前半。
記述は、解き始めに分からなくても、択一など解いてる間に思い出すことがあるのでこの作戦です。
実際、記述の問題みて、何が問われているのか分からず、何もでてこなかった問題で、択一解答中、突然キーワードが降ってきて、慌ててメモしました。脳の働きって不思議。

要所要所で決めてた短めの制限時間を前倒しして、50分前に択一終了。

記述に使える時間はたっぷりあるのに、脳が疲弊して、出てこない答えを探す作業を途中で投げてしまいました。
記述そのものを捨ててた(点数を見込まない)こともありあきらめがことのほか早かった。

本来なら残りで問題の見直しをするのですが、体力きれました。
マークシートへの転記ミスだけ慎重に確認して投了。

3時間という感覚をつかむためにも、模試は受けたほうがいいというのはいろんなところで読んでいたけれども、普段からぶっ続けで仕事してるし、150分くらいの試験なら何度か経験あるし、ぶっ続けで3時間問題を解く自信はありました。
実際、確かに問題を解いている間は集中できていました。しかし、一度止まってしまうとだめでした。
これが模試未経験の差か。ε-(ーдー)

帰りはまた予備校関係者が相変わらず道の両脇に並んで「解答速報の連絡」パンフを配ってました。
無料で参加できるようでしたが、まっすぐ帰宅。

しんどい一日でした。


■合格発表待ち
WEBで公開されている解答速報で確認してみる。
記述ボロボロ。(ノд-。)これできんやつアホやろ(自分のことだ)。
マークシート部は、マグレ当たりはひとつもなかったけれど、試験中自信のない問題が比較的得点できていました(≧∇≦)。
この時点で180点には達してなかったので、記述で部分点なしの、0点or20点方式で採点されたら死亡の可能性があるものの、比較的穏やかに待てました。


■合格発表
発表時刻(例年午前9時)過ぎでも合格発表サイト上の情報が前年度のものだったらしく(もしかしたらPCのキャッシュの問題だったのかな?)「一瞬落ちたと勘違いした」と言ってた人が何人もいてました。

私は点数と一緒に結果を知りたかったので、今すぐにでも結果を知りたいという衝動と戦いながらハガキを待ちました。
合格はしてるだろう、とは思ってましたが、実際に確認して、大きく安堵しました。

プロフィール

よつば

Author:よつば
一応理系のIT系システムエンジニア。完全な門外漢が、独学で行政書士試験にtry.無事一発合格。

当初は試験勉強の内容など漠然としていて様々な体験記を読み漁りました。このサイトの情報がお役に立てば幸いです。

メニュー
books
LECの書籍が最大10%OFF!



注意事項
行政書士試験、当該年度の情報は、必ず財団法人行政書士試験研究センターにて確認ください。
 
使用した教材本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。