スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日の勉強時間と勉強期間

私の勉強時間と期間の実績です。

-------------------
平日最大2時間。
休日は勉強なし(※)。
-------------------

祝日やGWお盆、病欠など、とりあえず仕事行ってない日は勉強なし。というのも、一日の勉強時間(MAX時)の半分は通勤時だったので。
夏ごろに、勉強間に合わなさそうだとおもって、休みに自宅でやろうとしたけど、急に頑張りすぎたせいか、平日勉強にも悪影響がでて挫折しました。

※休日勉強なしとはいっても、猫ブログとか猫ブログとか2ちゃんまとめサイトとか猫ブログとかみてる合間に、この後紹介するサイトを見ていたりしてました。


勉強期間の前にざっくり使用教材を。

■使用教材
A)TAC行政書士合格テキスト (通勤電車30分) 
B)TAC行政書士合格トレーニング (上記と一緒に) 
C)白熱講義 (通勤徒歩15分+15分) 
D)合格道場 (自宅20分~1時間)
E)本1冊、いくつかのサイト閲覧(休日など必要時にその都度)
それぞれ詳細はこのあと。
※B)は2013年版よりタイトルがかわったようですが、構成は同じでした。


■期間
期間4月~11月試験日
1.0.5h×20日/月×7.50ヶ月 = 75.0h ・・・・・A+B
2.0.5h×20日/月×5.50ヶ月 = 55.0h ・・・・・C
3.1.0h×20日/月×3.75ヶ月 = 75.0h ・・・・・D
主用勉強総合時間 205h
行政書士独学スケジュール

実際にはイレギュラーで別の勉強してたり、月20日切ってる日も多いですが、少なく見積もるよりは多めに見積もるほうが、参考にしようと思われてる方には影響がないかとおもいますので。

上記の時間以外に、計算にいれてない(E)が、んー、時間が皆目検討つかないのだけれど。ちりも積もればというしな。30hほどのせといたらいいかな?ということで

■総勉強量
勉強総合時間 : 235h。



「休日無勉で、平日2時間」
私が勉強前にこれをきいたら、いくら休日勉強しなくてよくても、仕事しながらそんな時間確保できるかな?って思ったはず。

今の感覚的には2時間も勉強してたの?ってのが素直な実感です。
反対に、総合計時間は、期間的に8ヶ月近くにもなるので多いと思ってたのに、「あれ、少なくない?」という感じました。

この計画(?)の欠点は、一日の勉強量が少ないため、知識の抜け量の増加ゆえに手戻りの時間が余分にとられることです。
理屈的には一週間の勉強量を増やせば、勉強期間も総時間も減らせます。ただ、私にはそこまでのやる気がなかったのでのんびり工程になりました。


プロフィール

よつば

Author:よつば
一応理系のIT系システムエンジニア。完全な門外漢が、独学で行政書士試験にtry.無事一発合格。

当初は試験勉強の内容など漠然としていて様々な体験記を読み漁りました。このサイトの情報がお役に立てば幸いです。

メニュー
books
LECの書籍が最大10%OFF!



注意事項
行政書士試験、当該年度の情報は、必ず財団法人行政書士試験研究センターにて確認ください。
 
使用した教材本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。